よく食べる女子の方がモテる?少食ぶって嫌われないようにする方法

少食は同性からは反感を買いやすく、異性からもあまりモテなかったりと、男女ともに良いイメージが付きにくいです。
とはいえ元から少食だったりダイエット中の場合、食べれる量が少ないのは仕方がないことでしょう。
今回は少食ぶって嫌われないための方法をご紹介します。

そもそもなぜ、少食の人は異性からあまりモテないのでしょうか?
まず男性の少食の場合、女性からすると自分より食べる量が少ないと気が引けてしまうという点があるでしょう。
自分の方が大食いですと恥ずかしいですから、少食の男性は無意識に敬遠してしまいがちです。

逆に女性が少食の場合、男性としては一緒に食事をしていて楽しくないと感じてしまったり、少食の人でもOKなお店を探すのが面倒といった理由があげられるかもしれません。

一方で少食の人が同性からどう思われているのかといえば、異性へのアピールのためにわざと食べないようにしていると思われがちです。
男性同士ですとそこまで敏感に反応する人は少ないかもしれませんが、女性同士ですとぶりっ子と思われてしまうこともあり辛いところです。

少食ぶって嫌われないようにするためのポイントとしては、量は少なくてもバランスよくいろんな料理を食べることです。
一緒に食事をする際に、例えばサラダしか食べないなどとした場合、こだわりが強い人と思われてしまいます。
こだわりが強い人と一緒に食事をするとなると、お店選びをする時に気を遣わなければならないため、今後誘うのは止めようとなってしまうのです。

またダイエット中だと思われてしまうと、自分もそれに付き合わなければならないといった具合に考えてしまいますので、やはり一緒に食事をしたくないと思われてしまいます。
そうならないためには、食品については特にこだわらずに、バランスよく口にすることが重要になります。
きちんと万遍なく食べていれば、ただ単に食が細いだけという風に捉えられますので、一定の理解が得られやすくなります。

もう一つポイントとしては、笑顔で楽しく食べるというのも、嫌われないためには大切でしょう。
一緒にいて楽しいと感じさせることができれば、食べる量というのは案外気にならなくなってくるものです。

少食ぶって異性に嫌われないためには、バランスよくいろんな食品を食べ、相手に気を遣わせないようにしましょう。
また明るく良い雰囲気をつくるのも食事を美味しくするためには重要ですから、少食でも相手との会話を楽しむなど工夫すると嫌われにくいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です