メリハリのある美ボディを目指すためのトレーニング法まとめ

ダイエットをする目的は人それぞれでしょうが、モテたいためにするのであれば、単に痩せるだけではダメです。
メリハリのある美しいボディラインを作り上げることが大切です。
そのためにはどのようなトレーニングが良いのでしょうか。

筋肉質の分厚い胸に引き締まったお腹、そしてキュッと上を向いたお尻にすらりと伸びた脚。
モデルさんやスポーツ選手などテレビや雑誌でおなじみの美しいボディラインを誇る人は、このような体形の人が多いもの。
美ボディを目指すには、まずは有酸素運動で全身の余分な脂肪を燃焼させる必要があります。

特にジムへ通わなくても、ジョギング、自転車、ウォーキングなど自分であまりお金をかけずにできますが、なかでもおすすめはウォーキングです。
慣れないジョギングを無理して始めると、膝や腰を痛める元です。
有酸素運動は長続きしないと効果がありません。
そのためにも特に初心者にとっては、手軽にできてケガの心配も少ないウォーキングが最良なのです。

脂肪燃焼させるためには少なくとも20分以上歩き続ける必要がありますが、モテるためだと思えばこの程度のトレーニングは耐えられるでしょう。
くびれのあるボディラインを得るためには、やはり腹筋はぜひとも力を入れたい部分ですね。

有酸素運動とは別に気になる部分の脂肪を落としたい場合は、それに応じた運動が必要です。
例えばポッコリとしたお腹をスリムに引き締めたい、という場合には腹筋運動が必要です。

腹筋を鍛えて脂肪を落とす運動は、特別な器具など必要なく自宅で簡単にできます。
腹筋運動といえば両足首を固定して上半身を起こす動きを繰り返す方法がお馴染みですよね。
ただしこれは腰を痛める危険があることから、同じ仰向けの状態から別の動きをすることで腰への負担が少なくする運動方法が、動画サイトなどで数種類紹介されています。

またキレイにヒップアップして太ももを引き締めるには、スクワットが効果的です。
これもいろいろな方法がありますが、腰や背筋、太ももに適度な負荷を感じるように行うことが大切です。

さらに二の腕がたるんでいる人には、腕立て伏せも効果があります。
腕や肩だけでなく胸の筋肉も同時に鍛えますから、上半身を美ボディとするには最適です。
腕立て伏せは普通にやってもいいのですが、プッシュアップバーを使えば胸をより深く沈めることで大きな負荷がかかり、効率よく鍛えることができます。
筋肉質の引き締まった腕になれば、きっとモテモテですよ。

メリハリのある美ボディをゲットするためには、有酸素運動をするのと同時に気になる部分を効率よく鍛えることが近道です。
そして何よりも長く続けることが最も重要です。
無理をせず最初は週1回から始めてもOKですから、とにかくトレーニングを習慣とするようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です