何キロ痩せれば見た目は変わる?痩せたと言われない原因は何?

ダイエットを始めるときに目標の体重を決めると頑張れます。
では一体何キロ痩せれば見た目は変わるのでしょうか。
さらに一生懸命に痩せたのに、周りから痩せたねとなかなか言われない原因についても考えてみました。

一般的に周りから気がつかれるほど痩せるには、4キロくらい体重が減らないといけません。
性別で考えると、女性は3.5キロほど体重が減るとスタイルが変わるようです。
男性は最低4キロ減量することが必要です。

ダイエットの目標を設定するときには、今の体重から3キロか4キロくらい落とすようにしたら良いでしょう。

2キロくらいの減量は簡単にリバウンドしてしまいます。
なぜなら1キロや2キロは体の水分量で簡単に増減するからです。
運動をして汗を思い切りかくと、簡単に1.5キロくらいの体重が落ちます。
そして、水分補給するとすぐに1.5キロほど太ります。

つまり本当にスタイルに影響する減量は、2キロより多くなければならないということです。
3キロから4キロ痩せるには脂肪を落とさなければいけないため、時間がかかります。
健康的に痩せるために上手に食事の内容を調整したり運動したりしてください。

せっかく体重を落としたのに周りに気がつかれない原因は何でしょうか。
痩せたと言われない原因は顔にあるかもしれません。
フェイスラインがたるんでいると、体全体が痩せたとしても気がつかれにくいです。
年齢ゆえに顔の肌がたるんでくることがありますし、紫外線を浴びて肌が疲れてたるむこともあります。

フェイスラインを引き締めるためには、お肌ケアをまめにしなければなりません。
顔のマッサージをクリームを使ってしてあげたり、しっかり保湿をしたりしてください。

ダイエットの際に運動をしようとして、腕周りに筋肉がついてしまうと痩せて見えないことがあります。
腕が細い方がぱっと見の印象が細く見えます。
筋トレをして腕や肩周りに筋肉がつくと、体が大きく見えてしまうので気をつけなければなりません。ダイエットをする際に、どんな筋トレをするのかよく考えましょう。

洋服の着こなしも見た目に影響します。
サイズの大きなものを着ると膨張して見えるので、痩せたと言われないことがあります。

ダイエットに気がついてもらうには、3キロから4キロほど痩せることが必要です。
また痩せたとしてもフェイスラインがたるんでいると減量に気がついてもらえないことがあります。
腕や肩に筋肉がつきすぎることや、大きめの洋服を着ることが原因でも太って見えますから気をつけてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です