痩せても栄養不良で肌を荒れさせないための美肌に良い栄養素

どんなにダイエットに成功しても、栄養不良で肌荒れになってしまってはモテません。
痩せてスタイルが良いのに肌がボロボロの人なんて魅力がありませんよね。
ダイエット中でも肌が荒れずに、美肌をキープするのに必要な栄養素を調べてみました。

美肌に必要な栄養素の一つはビタミンCです。
ビタミンCがあるなら、肌を黒ずませるメラニン色素の生成を抑えてくれます。
どんな野菜や果物からビタミンCを摂取できるでしょうか。

例えばパプリカにはピーマンの倍以上のビタミンCが含まれていると言われています。
ピーマンを使う代わりにパプリカを使うことで、効率よく美肌に欠かせない栄養素を取り入れられますよ。
キウイフルーツや柑橘類の果物からもビタミンCを摂取できます。

次に美肌に必要な栄養素はビタミンAです。
ビタミンAはお肌の免疫を高めてくれますし、肌がかさつきやすくなったり、シワになりやすくなったりするのを防いでくれると考えられています。

ビタミンAを多く含んでいるのがほうれん草で、ほうれん草と油を一緒に使って料理すると、ビタミンAの吸収率がアップします。
おひたしで食べるよりも、炒め物やスープで食べる方がお肌のためになります。

ほうれん草以外にもウナギやカボチャ、そしてレバーにもビタミンAは含まれています。

タンパク質は美肌に欠かせませんし、肌が荒れにくく、張りのある肌をしている人は良質なタンパク質を摂取しています。
ダイエットをしている人が不足しやすい栄養素はタンパク質なので気をつけてください。

食事の量を減らしているときでも、良質のタンパク質を摂るようにするのは重要なことです。
高タンパク質でも低カロリーな食品があるので、ダイエットをしているときにはそれらの食品を食べるようにしましょう。

おすすめの高タンパク質で低カロリーな食品はお豆腐です。
他には納豆や豆乳などもおすすめの食品で、特に納豆をのせたトーストや豆乳鍋などは、低カロリーでありながらも必要なタンパク質を取り入れられるメニューです。

他には赤身肉や鶏のささみなどもおすすめです。
アジやイワシもタンパク質を多く含んでいるので積極的に食べるようにしてください。

痩せても栄養不良で肌が荒れてしまってはモテませんし、無理なダイエットをすると肌がカサカサになったり吹き出物が出来たりします。
美肌をキープしながら痩せていくために欠かせない上記の栄養素をしっかり取り入れてください。

ここで取り上げた食品は、ダイエット中でも安心して食べられるので助かりますね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です