睡眠不足は痩せなくなる?睡眠とダイエットの深い関わりを知ろう

ダイエットをする際に食事や運動に関しては気を遣うでしょうが、睡眠については案外見落としがちではないでしょうか?
睡眠とダイエットには実は深い関わりがあるため、きちんと成果を出すために睡眠も重視するようにしましょう。

痩せたいのであればきちんと睡眠を取ることが大切で、睡眠不足は痩せにくくなります。
なぜかと言いますと、睡眠は意外にもカロリーを多く消費する行動です。
そのためしっかりと睡眠を取らなければカロリーを消費できず、どんどん脂肪が蓄積されてしまいます。

また寝不足になるとホルモンバランスが乱れ、高カロリーのものを欲してしまう傾向にあります。
夜遅くまで起きていると、つい小腹が空き間食してしまいがちなのも問題です。

このように寝不足状態になることで、太ってしまう要因を増やしてしまいますので十分な睡眠を取ることはダイエットにおいて欠かせません。
事実、睡眠不足の人ほど肥満になる確率がアップするという研究結果もあることから、ダイエットと睡眠には切っても切れない深い関わりがあるのです。

では質の良い睡眠を取るためにはどのような工夫がおすすめなのかを紹介していきます。

まず夕食は睡眠につく3時間前までには終わらせておき、早く寝られる状態にしておくのが理想です。
夕食の食事内容に言及すると、糖質や脂質が多いメニューは避けて、たんぱく質や野菜が中心のメニューにした方がダイエット向きです。

スマホやテレビの画面から出るブルーライトは、神経を刺激しなかなか眠りにつくのが難しくなってしまうため、寝る前の使用は控えるのがよいでしょう。
またきちんと室内の明かりは消し暗い環境を作ったり、温かい飲み物を就寝前に飲むなども、質の良い睡眠を取るためには重要です。

睡眠時間としては7時間は確保するのがベターで、それより短くなると肥満になりやすくなってしまいます。
しっかりと睡眠を取ることは単にダイエットのためだけではなく、健康や精神の安定においても欠かせないものですから、日々の睡眠を重視するよう心がけましょう。

モテるために健康面と精神面を整えておくことは大事ですから、ダイエットをする際には睡眠に関しても疎かにしないようにしましょう。

ダイエットにおいて睡眠の質を高めることは、運動に取り組んだり食生活を気を付けるのと同じくらい大切なことです。
睡眠時間が7時間を切ると太りやすくなるため、夕飯の内容や寝る前の環境を見直し、たっぷりと睡眠を取れるような生活を送りましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です