脚長効果も期待できるお尻の引き締め体操やヒップアップ体操

足が長い人は、ぱっと見の印象がきれいなのでいつでもモテモテです。
どうやったら足が長く見えるのでしょうか。
今回は脚長効果が期待できるお尻の引き締め体操や、ヒップアップ体操について解説します。
お尻を引き締めて足を長く見せるようにしましょう。

具体的にはどのようにお尻を引き締められるでしょうか。
お尻を引き締める効果の高い体操について説明します。

まずは腕立て伏せのような感じで両手を床についてください。
そこから右足を前の方へ伸ばして、お尻の横の筋肉を伸ばすようにします。
ちょうどかかとから頭の部分までが一直線になるような感覚です。
このときにお尻のポジションを下げて骨盤を安定させるようにします。

次に左手を垂直に挙げて体を開いてください。
前の方に持ってきている右足と右手はそのまま、左手を垂直に挙げます。
骨盤の左側の筋肉を伸ばすことを意識していきましょう。
伸ばした左手の先を見てゆっくり息を吸い、少しずつ息を吐きながら手を元の位置へ下げていきます。

次に体をねじる動きをしていきましょう。
左手と右手をくっつけておき、右手を腰の位置へ当てて背骨をねじっていきます。
ちょうどお尻の上の筋肉を意識してこの体勢をとってください。
この体操を実践すると、お尻周りの体幹を鍛えられます。

ヒップアップ体操をすることによってもお尻の位置が上がり脚長効果が現れます。
一番ヒップアップに効果がある体操と言われるのが、スクワットです。
スクワットの効果を上げるには、いくつかのコツがあります。

まずはかかとに重心を置いたまま、お尻を突き出してスクワットをしてみてください。
スクワットをするときに膝がつま先の前に出ないように意識します。
お尻周りの筋肉に力が無いと、どうしても膝がつま先より前に出てしまいます。できるだけお尻を突き出すようにしたり、背筋を伸ばすようにしたりすると効果的なスクワットが出来ます。

スクワットをする際に腕を組んで、足を肩幅より少し広いくらいに開くのもコツです。
腕は胸の前あたりで軽く組んでください。
足はつま先を外側へ向けて開いていきます。

この体勢でスクワットを毎日1分ほどするなら、徐々にヒップアップ効果を感じられるでしょう。

ここで紹介したお尻の引き締め体操やヒップアップ体操をして、足を長く見せるように努力してください。
足が長く見えれば異性からモテるようになります。

毎日のちょっとした時間を使って出来る体操なので、モテモテを目指して今日から頑張ってみませんか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です